ライブラリーアシスタント募集(アルバイト)/国際文化会館図書室

国際文化会館図書室では、ライブラリーアシスタント(アルバイト)を募集しています。
募集人員  :1名
勤務開始時期:2020年4月1日(水)(応相談)
業務内容  :英語資料を所蔵する会員制日本研究専門図書室での司書業務補佐。一般事務。その他庶務。
       機関アーカイブ構築の事務補佐。
勤務条件  :月~土のうち週3日以上(シフトにより9時~17時あるいは10時~18時。実働7時間。)
       週休2日(日曜日を含む)。祝祭日休。
契約期間  :1年間(最長契約期間は5年まで)
応募条件  :大卒以上。司書資格及び事務経験等が2年以上あることが望ましい。
       基本的なパソコン操作及びMS-Word、Excel等ができること 。基礎的な英語力必須 。
応募締切  :2020年2月7日(金)必着

問い合わせ・書類送付先:
 〒106-0032 東京都港区六本木5-11-16
 公益財団法人国際文化会館 総務部 小野澤
 TEL: 03-3470-3212 (平日 9時~17時)

その他詳細は下記をご参照ください。
詳細ホームページ:http://clk.nxlk.jp/CxVmgwZ5

(小林)

■東京都公文書館の専門員募集

東京都公文書館が、専門員(整理閲覧担当)3名程度を募集しています。
職務内容は以下の通りです。
----------
公文書等の受入・整理・保存・利用及びデータベースによる管理等に関する業務
(1)公文書館情報検索システム及びデジタルアーカイブ等の目録データ作成、管理
及びデジ
タル画像管理
(2)視聴覚資料、マイクロフィルム等の整理・保存・利用及びデータベースによる管
理、委
託業務の管理事務
(3)書庫環境の管理、文化財等貴重資料の保護管理、虫菌害防除等の資料保存業
務
(4)公文書移管のための確認作業
(5)利用請求審査補助業務
(6)複写料金徴収、利用者問い合わせ対応業務等
----------
応募資格は以下の通りです。
----------
以下の(1)から(4)までの要件をすべて満たすこと。
(1)文書、図面、視聴覚資料等の整理保存等について一定程度の知識があり、実務
経験を有する者
(2)電子メールの送受信、Word 及びExcel を用いた業務の実務経験または相当の
能力を有する者
(3)Access 等のデータベースソフトを操作してデータ入力や検索等を行うことができ
る者
(4)大学卒業(採用日までに有する見込みである場合を含む)又はこれに準ずる能
力を有する者
上記要件に加え、以下の(5)から(10)までの要件のいずれかを満たす者
(5)司書の資格を有する者で、司書資格を必要とする業務の実務経験を有する者
(6)独立行政法人情報処理推進機構が実施する基本情報技術者試験合格の資格
を有する者又は同等程度の能力があることを認定する資格を有する者
(7)公益社団法人日本文書情報マネジメント協会が認定する文書情報管理士2級以
上の資格を有する者又は同等程度の能力があることを認定する資格を有する者
(8)公益財団法人文化財虫菌害研究所が認定する文化財IPMコーディネータの資格
を有する者又は同等程度の能力があることを認定する資格を有する者
(9)WEB サイトの構築経験またはデータベースの管理経験を持つ者
(10)地方公共団体の文書主管部署において、文書管理事務を通算で3年以上行っ
た経験を持つ者
応募締切は令和2年1月28日です。
----------
詳しくは、同館のサイトをご参照ください。
https://www.soumu.metro.tokyo.lg.jp/01soumu/archives/index.htm

from ブログ「Daily Searchivist」 https://searchivist.hatenablog.jp/

(小林)

仙台市公文書館設置準備室職員(会計年度任用職員)募集

業務内容
・歴史的公文書の評価選別・収集に係る諸業務
・歴史的公文書の保存(整理、補修、目録整備)に係る諸業務
・公文書館設置に向けた設備整備、制度構築、公文書館運営検討に係る諸業務

応募資格
 次の要件のいずれにも該当する者
  1.「学芸員」の資格を有する者
  2.国、地方自治体、又はそれらに類する機関のいずれかにおいて、文書の作成、資料の整理等の業務に
   従事した経験が1年以上ある者

勤務条件
・雇用期間:令和2年4月1日~令和3年3月31日
 ※勤務成績が良好な場合、再度任用の可能性があります。
・試用期間:1か月
・週勤務日数等:週5日・週30時間(月~金曜日)
・勤務時間:9:00~16時00分(休憩時間60分(12時00分~13時00分))
 ※時間外勤務が発生する場合があります。
・勤務場所:仙台市役所本庁舎
・給与月額:166,032円(給料:130,529円 地域手当:7,831円 期末手当(毎月分):27,672円)
 ※本市での勤務経験がない場合
・12月分期末手当:本市の規定により支給
・通勤手当:実費支給あり(上限:月55,000円)
・給与締切日:月末
・給与支給日:毎月21日(給与月額)、12月10日(12月分期末手当)
・休日等:土日祝日、年末年始(年間休日数:120日程度)
・年次有給休暇:15日(採用時付与)
・その他休暇:子の看護休暇、忌引等あり
・加入保険:雇用保険、健康保険、厚生年金保険
・公務災害:補償制度適用
・退職金制度:なし
 ※本求人内容は来年度の事項であるため、記載の求人情報は予定である旨、ご留意願います。

選考等
・採用人数:1人
・選考方法:書類選考、面接
・応募方法:電話で事前連絡のうえ、履歴書(顔写真付)及び資格証(写し)を郵送又は持参
     ※資格証は「大学卒業証明書」及び「博物館に関する科目の単位取得証明書」でも可
・選考日時:随時
・選考結果:電話連絡
 ※履歴書等の応募書類は返却いたしません。当課の責任において破棄します。

連絡先
・担当者:総務局文書法制課公文書館設置準備室 庄子 淳(しょうじ じゅん)
・電話番号:022-214-6152 ファクス:022-268-1514

お問い合わせ
総務局文書法制課
仙台市青葉区国分町3-7-1市役所本庁舎1階
電話番号:022-214-6152
ファクス:022-268-1514

仙台市
https://www.city.sendai.jp/index.html
募集情報へは仙台市のホームページから下記のように移動して下さい。
募集情報(職員・各種募集)→募集情報(職員・各種募集)→令和2年度会計年度任用職員募集情報→その他専門職員募集

(庄子)

鹿児島市 公文書管理嘱託員(会計年度任用職員)を募集

業務内容
1.歴史的公文書等の選別、分類及び整理に関すること。
2.歴史的公文書の目録データ等の作成に関すること。
3.歴史的公文書等の書庫への運搬及び配置に関すること。
4その他所属長が指示する事項

応募者資格
応募資格は、次の要件を全て満たす方とします。

1.次のアからオまでのいずれかに該当すること。
    ア.文書情報管理士の資格を有すること。
    イ.ファイリングデザイナー検定に合格していること。
    ウ.公文書管理検定に合格していること。
    エ.司書の資格を有すること。
    オ.その他これらに類する資格を有すること。
2.普通運転免許を有していること。
3.次のアからウまでのいずれにも該当しないこと。
    ア.禁錮以上の刑に処せられ、その執行を終わるまで又はその執行を受けることがなくなるまでの者
    イ.鹿児島市職員として懲戒免職の処分を受け、その処分の日から2年を経過していない者
    ウ.日本国憲法施行の日以後において、日本国憲法又はその下に成立した政府を暴力で破壊することを主張する政党その他の団体を結成し、又はこれに加入した者

募集人員
1人

応募方法

下記書類をご提出してください。詳細は、募集要項をご確認ください。

1.提出書類
    履歴書(写真添付、職歴・志望動機を明記してください。)
    応募者資格1の資格を確認できるもの(写し可)
    (注)様式は問いません。
    (注)提出された書類は、合否結果にかかわらず返却しませんので、ご了承ください。
2.提出先
    鹿児島市総務局総務部総務課
3.提出方法
    郵送又は窓口へ持参してください(郵送の場合は、封筒の表に「履歴書在中」と朱書きしてください。)
4.提出期限
    令和2年1月15日(水曜日)(必着)

詳しいことはhttps://www.city.kagoshima.lg.jp/soumu/soumu/soumu/shokutaku.htmlをご覧下さい。

(小林)

尼崎市の文書館専門職(正規職員)採用試験情報

本年4月採用予定の文書館専門職員(正規職員)採用試験情報のお知らせです。

尼崎市は、本年10月に新博物館を開館予定で、尼崎市立地域研究史料館は、
この新博物館における公文書館部門(地域研究史料館部門)となる予定です。
この尼崎市の公文書館部門(地域研究史料館部門)において、歴史的公文書
調査・選別収集・整理・公開等の業務を担当する正規職員1名の採用試験を、
本年1月下旬から2月にかけて実施予定です。
(現地域研究史料館の人員のうち1名が退職予定であるため)

尼崎市立地域研究史料館
http://www.archives.city.amagasaki.hyogo.jp/

(辻川)

詳細情報はhttp://www.city.amagasaki.hyogo.jp/shisei/bosyu/syokuin/1019724.htmlでご覧下さい。
(小林)
■国立公文書館の公文書専門員募集

国立公文書館が、公文書専門員を若干名募集しています。
職務内容は以下の通りです。
----------
「公文書等の管理に関する法律」(平成21年7月1日法律66号)、「国立公文書館法」
(平成11年法律第79号)等の下、「アーキビストの職務基準書」(平成30年12月独立行
政法人国立公文書館)に示されたアーキビストの使命、倫理と基本姿勢に基づき、次
のような諸業務に従事する。
(1) 評価選別・収集(指導・助言、評価選別、受入れ)に係る諸業務
(2) 保存(保存整理、目録整備)に係る諸業務
(3) 利用(利用審査、利用者支援)に係る諸業務
(4) 普及(利用の促進、連携)に係る諸業務
(5) 上記に関連するデジタルアーカイブ、電子公文書保存システム等の調査研究・企
画・構築・運用・管理に関する諸業務
(6) その他公文書管理法、国立公文書館法等制度の運用及び当館運営に係る諸業
務
----------
資格は以下の通りです。
----------
以下の(1)及び(2)を満たす者。
(1) 「アーキビストの職務基準書」に示されたアーキビストとして「4必要とされる知識・
技能」の「(1)基礎要件」及び「(2)職務と遂行要件」に関連する学問分野において大
学院修士課程を修了した者、又はこれと同等の知識・能力を有する者
(2) 上記の知識・能力を活かし、概ね2年以上の実務経験がある者
----------
募集期限は令和2年1月30日です。
詳しくは、同館のサイトをご参照ください。
http://www.archives.go.jp/news/20191227155559.html

from ブログ「Daily Searchivist」 https://searchivist.hatenablog.jp/

(小林)

■国文学研究資料館のプロジェクト研究員募集

国文学研究資料館が、プロジェクト研究員1名を募集しています。
業務内容は以下の通りです。
----------
当館において主に実施している人間文化研究機構「日本関連在外資料調査研究・活
用事業」における「バチカン図書館所蔵マリオ・マレガ収集文書調査研究・保存・活
用」(研究期間:2016 年度~2021 年度)に関する研究に従事し、企画・運営ならびに
情報集約・公開の補助を行う。
----------
応募資格等は以下の通りです。
----------
次の条件をいずれも満たしていること。
(1)博士の学位を取得した者又は博士の学位を取得した者に相当する研究業績と
能力を有する者で、採用時に大学院の学籍を有しない者。
(2)日本近世史を専門とし、近世文書の概要調査、史料整理、目録記述に知見と経
験を有すること。
(3)研究業績として、研究論文を3点以上公刊していること。
----------
応募締切は2020年 1月24日です。
詳しくは、同館のサイトをご参照ください。
https://www.nijl.ac.jp/news/2019/12/12417-1.html

from ブログ「Daily Searchivist」 https://searchivist.hatenablog.jp/

(小林)

■国立公文書館の公文書館専門職員募集

国立公文書館が、公文書館専門職員を若干名募集しています。
職務内容は以下の通りです。
----------
国立公文書館の中核的役割を果たす職員として、「公文書等の管理に関する法律」
(平成21年7月1日法律66号)、「国立公文書館法」(平成11年法律第79号)等の下、
「アーキビストの職務基準書」(平成30年12月独立行政法人国立公文書館)に示され
たアーキビストの使命、倫理と基本姿勢に基づき、次のような諸業務を担う。 
(1) 評価選別・収集(指導・助言、評価選別、受入れ)に係る諸業務
(2) 保存(保存整理、目録整備)に係る諸業務
(3) 利用(利用審査、利用者支援)に係る諸業務
(4) 普及(利用の促進、連携)に係る諸業務
(5) 上記に関連するデジタルアーカイブ、電子公文書保存システム等の調査研究・企
画・構築・運用・管理に関する諸業務
(6) その他公文書管理法、国立公文書館法等制度の運用及び当館運営に係る諸業
務
----------
応募条件は以下の通りです。
----------
以下の(1)及び(2)を満たす者。
(1) 「アーキビストの職務基準書」に示されたアーキビストとして「4 必要とされる知識・
技能」の「(1)基礎要件」及び「(2)職務と遂行要件」に関連する学問分野において大
学院修士課程を修了した者、又はこれと同等の知識・能力を有する者
(2) 上記の知識・能力を活かし概ね5年以上の実務経験がある者、又はこれと同等と
認められる者
----------
応募期限は令和2年1月24日です。
詳しくは、同館のサイトをご参照ください。

from ブログ「Daily Searchivist」 https://searchivist.hatenablog.jp/

(小林)

■福岡県市町村公文書館の会計年度任用職員募集

福岡県市町村公文書館が、会計年度任用職員計5名を募集しています。
募集する職種及び人数は以下の通りです。
----------
・公文書館主任専門員  2名
・公文書館専門員    2名
・公文書館相談員    1名
----------
主な職務内容は以下の通りです。
----------
公文書館主任専門員
歴史公文書の評価・選別・内容登録、製本・補修、保存に関する業務等、及び公文書
館専門員の総括
公文書館専門員
歴史公文書の評価・選別、内容登録、製本・補修、保存に関する業務等
公文書館相談員
特定歴史公文書の内容に関する利用者からの相談対応業務、展示・講座・講演会の
企画運営に関する業務等
----------
資格要件等は以下の通りです。
----------
公文書館主任専門員
次のいずれかに掲げる要件を備えている者であって、当該要件に係る実務に従事し
て5年以上の経験を有する者
1 司書資格を有する者
2 学芸員資格を有する者
3 政治学、行政学、法学、歴史学(日本近現代史)、図書館情報学、アーカイブズ学、
記録管理学等の分野の科目を履修して大学を卒業後、当該分野に係る教育・研究経
験を有する 者
4 国、地方公共団体、それらに類する機関、民間企業のいずれかにおいて、文書の
作成・整理・保存等の文書管理、文書の補修・製本、文書のデジタル化等の情報処
理、歴史・文化等調査研究の業務に従事した経験を有する者
公文書館専門員・公文書館相談員共通
次のいずれかに掲げる要件を備えている者
1 司書資格を有する者
2 学芸員資格を有する者
3 政治学、行政学、法学、歴史学(日本近現代史)、図書館情報学、アーカイブズ学、
記録管理学等の分野の科目を履修して大学を卒業した者
4 国、地方公共団体、それらに類する機関、民間企業のいずれかにおいて、文書の
作成・整理・保存等の文書管理、文書の補修・製本、文書のデジタル化等の情報処
理、歴史・文化等調査研究の業務に従事して3年以上の経験を有する者
----------
応募期限は令和2年1月24日(金)です。
詳しくは、福岡共同公文書館のサイトをご参照ください。
http://kobunsyokan.pref.fukuoka.lg.jp/news.php?no=334

from ブログ「Daily Searchivist」 https://searchivist.hatenablog.jp/

(小林)

■新潟市の資料調査専門員募集

新潟市が、歴史文化課歴史資料整備担当の会計年度任用職員(資料調査専門員A・
B・C)を募集しています。
主な業務内容は以下の通りです。
----------
1.市史等の執筆、各種講座等の担当、歴史資料の調査・整理・保存、公文書の管理・
評価選別、閲覧・資料公開、その他事務
2.資料調査専門員Aは、1のほか特に展示業務
3.資料調査専門員Bは、1の業務のうち、主に歴史資料の調査・整理・保存業務
4.資料調査専門員Cは、1の業務のうち、主に歴史資料の調査・整理・保存業務、及
び、公文書の管理・評価・選別業務
----------
受験資格は以下の通りです。
----------
次のすべての要件を満たす人
1.大学又は大学院で日本史又はアーカイズブズ学を専攻した人で、学士以上の学位
を取得した人(令和2年3月31日までに取得見込みの者を含む)
2.古文書解読能力を有する人
その上で、以下のA・B・Cのどれかの要件を満たす人
 A 学芸員資格を持つ者。(令和2年3月31日までに取得見込みを含む)
 B これまでの専門業務の実務経験が5年以上の者で、歴史資料調査、古文書整
理・保存業務に十分実績のある者。
 C これまでの専門業務の実務経験が10年以上の者で、Bの歴史資料調査等の業
務に精通していることを前提として、公文書業務、とりわけ「評価・選別」業務に十分
実績のある者。
----------
申込受付期間は令和2年1月20日までです。
詳しくは、同市のサイトをご参照ください。
http://www.city.niigata.lg.jp/kanko/bunka/oshirase/rekishi_bunka/r1_rekibun_saiyou.html

from ブログ「Daily Searchivist」 https://searchivist.hatenablog.jp/

(小林)

書陵部図書課宮内公文書館研究職員の採用について

募集人員  1名
採用後の職務 
1.宮内庁内各部局からの歴史資料として重要な公文書の移管に関する業務
2.公文書管理法に基づく利用請求についての審査業務
3.利用請求者等からの照会等への対応業務
4.館所蔵公文書に関する情報システム及びデータベースの構築・管理に関する諸業務
5.館所蔵公文書の保存環境の整備に関する業務
6.展示会の企画調整,準備,実施等の利用促進に関する諸業務
7.館所蔵公文書に関する調査・研究
8.当庁業務に習熟するための若干年の他部署での業務

採用後の処遇  国家公務員・内閣府事務官・研究職
給与:学歴・経験等を考慮し,「一般職の職員の給与に関する法律」に基づき決定する。
(参考)大学院修士課程修了直後に採用された者の俸給月額(216,700円)
なお,上記の他条件に応じて諸手当が支給されます。
(注)この額は,令和元年12月1日現在の「一般職の職員の給与に関する法律」の規定によるものです。

勤務時間  原則,午前8時30分から午後5時15分(土・日・祝日を除く)
勤務場所  東京都千代田区千代田1-1 宮内庁書陵部図書課宮内公文書館
応募資格  
1.アーカイブズ学,図書館情報学,記録管理学,日本史学(近現代史),法学,政治学等を専攻し,明
  治初期から戦前期にかけての文書等(翻刻されていないもの)を読解し,当時の時代状況,法制度等
  に即して記載内容を正確に把握し,かつ説明する能力を有すると認められる者
2.上記の専門教育課程を経て大学院修士課程(博士課程前期)を修了した者(採用時点で修了している
  見込みのある者を含む),あるいはそれと同等以上と認められる者
3.心身共に健全で,永年勤続可能な者
4.簡単なパソコンの操作(Excel,Word,一太郎等)ができること
なお,以下に該当する者は応募できない。
(1)日本国籍を有しない者
(2)国家公務員法(昭和22年法律第120号)第38条の規定により国家公務員となることができない以下の者
・禁固以上の刑に処せられ,その執行を終わるまで又は執行を受けることがなくなるまでの者
・懲戒免職の処分を受け,当該処分の日から2年を経過しない者
・日本国憲法施行の日以後において,日本国憲法又はその下に成立した政府を暴力で破壊することを主張
 する政党その他の団体を結成し,又はこれに加入した者
(3)平成11年改正前の民法の規定による準禁治産の宣告を受けている者
(心神耗弱を原因とするもの以外)

採用予定時期  令和2年4月1日

応募書類  (以下の全件を一括して提出すること)
1.履歴書(写真貼付) 1通
2.大学学部卒業証明及び成績証明 各1通 
3.大学院修了(若しくは修了見込)証明及び成績証明 各1通
4.志望動機(1,000字以内,様式任意) 1通
5.業績目録 1通
    書式は自由とするが,著書・論文などの種類別(かつ発表順)にまとめ,連名の業績については,応
    募者の分担範囲を明示すること。また,博士論文・修士論文・卒業論文は業績目録に含め,1,200字
    以内の要旨を別途添えること。
6.主要業績(抜刷・コピー可) 3点以内
※なお,上記以外の書類(推薦書等)の提出はご遠慮願います。

書類送付先  〒100-8111 東京都千代田区千代田1-1
宮内庁書陵部図書課庶務係長 柏木あて
必ず簡易書留とし,封筒の表に「図書課研究職応募書類在中」と朱記すること。
なお,不採用となった場合は,応募書類は返却するので,宛先を明記の上,返信用切手(簡易書留・送
付時と同額)を貼付した返信用封筒(送付時と同型のもの)を同封すること。

書類受付期間  令和元年12月25日(水)から令和2年1月27日(月)(必着)

選考方法  書類選考で適格と判断した者について,面接等の試験及び健康診断を行って採否を決定する。
採否の通知  採用内定者には電話連絡する。また,不採用とする者には文書で通知する。
照会先  〒100-8111 東京都千代田区千代田1-1
宮内庁書陵部図書課庶務係長 柏木
電話03-3213-1111(内線3433)

引用元:https://www.kunaicho.go.jp/kunaicho/saiyo/sho-r011224-1.html

(小林)

■外務省外交史料館の非常勤職員募集

外務省外交史料館が、非常勤職員を募集しています。
業務内容は以下の通りです。
----------
外交記録の公開準備・史料整理業務等(アジア歴史資料センター関連)
----------
応募資格は以下の通りです。
----------
(1)応募に際しては,以下の項目を参考にして下さい。
ア 日本近現代史・外交史または国際関係論の基礎的知識を有する者。日本の近
現代期に作成された外交史料の読解ができることが望ましい。
イ 史料を扱う業務に関心を有する者。
ウ パソコンに関する基礎的な知識や操作能力を有する者。特に公文書館や史料
館におけるデータベース整備に携わったことがあれば望ましい。
----------
応募締切は令和2年1月24日です。
詳しくは、同省のサイトをご参照ください。
https://www.mofa.go.jp/mofaj/ms/da/page24_001095.html
https://www.mofa.go.jp/mofaj/ms/da/page24_001096.html

from ブログ「Daily Searchivist」 https://searchivist.hatenablog.jp/

(小林)

1999年 2000年 2001年 2002年 2003年 2004年 2005年 2006年 2007年 2008年 2009年 2010年 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年 2018年 2019年 戻る